ビットコイン購入するときの注意点《ビットコインのリスク》

カテゴリー ビットコインとは

これだけビットコインについて語られることがあると、皆さんもビットコインを購入してみたいなと考えることがあるかもしれません。

しかしビットコインには様々なリスクが存在します。今回はそのリスクについて様々な方面から見ていきましょう。

自分自身のリスク

パソコンやスマートフォンが壊れる

ビットコインは実在しない仮想空間上の通貨です。

お手元のパソコンやスマートフォンが壊れてしまうと、使いたいと思ったときに使用できないということもありえます。

秘密鍵の紛失

ビットコインを所持しているということを対外的に認めさせるためには「秘密鍵」と言われるランダムな文字列を知っていることが必要です。

通常はウォレットの中に保存されているのですが、ペーパーウォレットとしてプリントアウトしたときなどに、その秘密鍵を紛失してしまうと、そのビットコインは二度と手に入れることができないかもしれません。

またパソコン上に保存していた秘密鍵がパソコンが壊れてしまうことによって、分からなくなってしまうこともあります。

秘密鍵の盗難

ハッキングと聞くと、高度な技術を必要としており、自分には関係ないと思ってしまいがちですが、実は簡単にできる方法があります。

それはあなたの秘密鍵をこっそり写し取るという方法です。秘密鍵を他人に知られてしまえば、そのビットコインは勝手にどこかに送金されてしまっても一切の文句は言えません。

ビットコイン取引所に存在するリスク

取引所がハッキングされる

ビットコインのブロックチェーンは誕生してから今まで一度もハッキングの被害を受けたことがありません。

しかしビットコイン取引所は何度もハッキングの標的になっており、不正送金を受けてしまうことのあるのは事実です。

取引所の内部の管理問題

基本的にはビットコイン取引所は資産の分散管理を行っています。これは取引所を運用するための資金と、お客様からお預かりしている資金を別に管理するという方法です。

この方法が一般化したのは、マウントゴックスという取引所のCEOがユーザーの資産を勝手に使う、すなわち横領を行っていたからです。

最近ではそのような話は聞きませんが、リスクとしては常に存在しています。

ビットコイン取引所が倒産するリスク

ハッキングされてたくさんのビットコインが不正に送金されてしまった取引所はそのまま倒産してしまうこともあります。

マウントゴックスと呼ばれる取引所が倒産してしまったときには、そこで資産を運用していた人々はほとんど全ての資産を失ってしまうという事態に陥ってしまっています。

ビットコインの価格についてのリスク

暴騰暴落のリスク

現在、ビットコインの価格は定まっていません。それどころか他の投棄先とくらべてもかなりの上下を繰り返しています。

購入したビットコインの価値が次の日には半分になってしまうということも可能性としては存在しています。

また暴騰すればいいことのように思われますが、暴騰している途中でビットコインの取引をしようとすると、ビットコインのブロック生成スピードが追いつかず、なかなか取引が承認されないということもありえます。

国の法律のリスク

政府としては管理のできないビットコインをよく思っていないところが多いというのは事実です。例えば中国ではビットコイン取引所は全面的に運営停止となってしまいました。

そのような形で、法律によってビットコインの使用が制限されてしまうこともあるかもしれません。

ビットコインを取り巻く様々なリスク(まとめ)

ビットコインを購入しようとするときには様々なリスクが存在します。

今はまだ投棄だと考えていただき、余剰資金で購入することをオススメいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です