技術の最先端、ビットコインに使われているテクノロジー

カテゴリー ビットコインとは

価格がどんどん上がっているビットコイン。

2017年年末には1BTCが200万円を突破しました。

これが果たしてバブルなのか、バブルではなく正当な価格上昇なのかは今後の動きによるので今は分かりません。

しかしビットコインの価値を支える「テクノロジー」について理解することで、ご自身の意見を持つことは重要です。

今回はビットコインを支える技術・テクノロジーについて、解説していきます。

P2P(ピア・ツー・ピア)テクノロジー

基本的にネットの世界では中央のサーバーにデータを蓄積し、そのデータを参照することによって情報を得ることができます。

しかしP2Pテクノロジーを利用することによって、そのネットワークに参加しているコンピュータ同士を直接つなぐことによって、中央にデータを残すこと無く、情報のやり取りが可能となります。

ファイル交換ソフト、Winny(ウィニー)がそのテクノロジーを使っていましたね(不正コピーの温床になってしまい、良い印象はありませんが、テクノロジーとしては最先端でした)。

ブロックチェーン

情報をブロックのようにひとまとまりとし、そのブロックをある期間ごとに繋いでいく方法です。例えばビットコインの場合は10分毎に新しいブロックを繋いでいきますね。

一度記録されたブロックは修正や改ざんができないようになっています。

またブロックチェーンに記録された情報は世界中どこでも閲覧することが可能です。

プルーフ・オブ・ワーク

ブロックチェーンに情報を記録したブロックを追加する際に、使われる技術がプルーフ・オブ・ワークです。

誰でもブロックチェーンにブロックを追加できるようになってしまうと、その情報に意味はまったくありません。このブロックを追加する人を決める必要があります。

そのために「マイニング」と呼ばれる作業をネットワークに参加しているコンピュータに行ってもらい、このマイニングに勝利したコンピュータだけが、新しいブロックを追加することができるようになります。

コンピュータが簡単ですが膨大な計算を行い、その答えを一番最初に見つけたコンピュータがブロックを生成し、それ以外のコンピュータがその答え合わせを行うというのが、ざっくりとですがプルーフ・オブ・ワークの説明です。

ブロック生成を行ったコンピュータはその報酬として、ビットコインを受け取ることができます。

ビットコインの価値はそのテクノロジーに支えられている(まとめ)

ビットコインはブロックチェーンに記録された取引履歴が、不正改ざん不可という点で価値が発生しています。

そのビットコインの価値を支えるテクノロジーは、実はちょっと前から存在しているものですが、それをうまく組み合わせてあります。

まだまだ説明していないテクノロジーも存在しています。気になった方はぜひ調べてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です