本文へスキップ
HOME 概要 活動報告 お知らせ 入会方法 年次報告書 決算書
日本エコビレッジ研究会とは
理念


 

 世界人口の増加に伴いエネルギー消費量は上昇の一途です。このことは環境破壊
と地球温暖化問題、そして食糧問題に深刻な影響を与えています。経済 的な豊か
さを求めてきた結果、日本のエコロジカルフットプリントは既に2.5個の地球を必
要としています。(世界のEFは1.3個:世界自然環境基金WWF)
エコロジカル・フットプリント(ecological footprint:EF)とは、私たちがどれ
だけの面積の地球上の土地を使って生きているかを表す指標です。
(出展)2006 WWF)
世界平均    1.25個
アフリカ    0.62個
アジア・太平洋 0.73個
北アメリカ   5.28個
ヨーロッパ   2.70個
日本      2.47個


有限な資源を消費し続ける社会、食料の 60%を輸入しながら大量に廃棄する社会
はいつか限界が訪れるでしょう。


 私たちは、自給を基にコミュニティビジネスを創生することで地球環境の保全と
雇用を創出します。「一つの地球で足る暮らし方」について学習する機 会を造
り、意見交換をしながら地域資産を活用し、持続可能社会を目指します。



(事業内容)
@ 学習会および講演会を通して社会教育の推進事業
A 低炭素・資源循環を推進して自然環境の保全事業
B 農林水産業の六次産業化を通して経済の活性事業
C 観光産業の多様化高度化を推進し経済の活性事業
D その他地域資源や資産を利活用し経済の活性事業
沿革
2009年

12月22日 任意団体 しまねエコビレッジ研究会を設立

地域課題の共有する為のミーティングを行う。
2010年

2月24日 木の花ファミリー(日本を代表するエコビレッジ)との意見
      交換会開催

5月24日 日本エコビレッジ研究会に名称変更 NPO法人を目指す。

5月26日 第1回「環境問題を考える意見交換会」開催 県民会館
      (20名参加) 

5月27日 エコビレッジ国際会議に参加

7月17日 第2回「環境問題を考える意見交換会」開催県民会館
      (33人参加)      

 7月20日 日本エコビレッジ研究会としてNPO法人の申請

 9月22日 第3回「環境問題を考える意見交換会」開催県民会館
      (27人参加)      

9月22日 NPO法人として認証 登記完了

10月31日 第4回「地域通過を考える意見交換会」開催県議会別館
       (30人参加)

11月2日〜7日 GENOA in Philippinsに参加

11月21日 地球環境フォーラムを開催(約100名参加)
      (NPO法人設立記念講演会として月尾嘉男氏招く)

2011年

Japan Ecovillage Forum(JEF)  The drift of establishmen

  

The drift

   The energy consumption never stops increasing while the number of human beings is multiplying. It has serious influence on the environmental destruction, global warming and food problem. Japanese ecological foot-print already needs 2.4 times of the capacity of the earth as a result of seeking for economic richness. The society will surely end someday which keeps on consuming the limited resources, importing 60% of food we eat and throwing away lots of garbage.

 

   Till now, we have searched for economic growth in order to become happy, but it expands poor human relationship and is partly the reason of suicide which number is outstanding among developed nations. The natural world is resources recycling society, composed of relations of each element and is sustainable structure. We are afraid that the global environmental destruction, global warming, food problem, poor human relationship in rural area and growing number of suicide should form a vicious circle, connecting tightly one another.

  

  We believe that the key to solve these problems lies in rural community and we can find it through seeking for the way to live on what one earth can afford. In order to achieve such ecological lifestyle, we have to think and act spontaneously based on self-sufficient. Japan Ecovillage Forum will make opportunity to think from various aspects about how to live on what one earth can afford with mutual support. In this workshop, we will discuss, exchange ideas to solve different rural problems. At first, we will practice on enjoyable, healthy and feasible lifestyle which suits our aim and try to establish sustainable "Global Village".

 

 

エコビレッジ研究会とは